自律神経失調症で行くべき病院

自律神経失調症の場合は心療科や心療内科に行くのが一般的です。
僕の場合、自律神経失調症になって通った病院は近所の心療内科でした。

最初の病院

体がおかしくなってから、最初はどこの病院の何科に行けばいいのかわからず、「病院・・・病院・・・」とパニック状態のまま
とりあえず大きな総合病院に行きました。

 

何となく精神的な病気ではないかと思っていたので、心療内科での診察を希望しましたが、完全予約制で飛び込みは受け付けないとかなり冷たくあしらわれました。

 

その為、余計にパニックになってしまい、総合受付で「とにかくどこでもいいから診てほしい」と頼みました。

 

そして、総合内科という「何でも屋」みたいな科で診察を受けましたが、症状をなんと説明していいのかわかりません。

 

あの恐怖感、不安感、パニック状態を説明できないのです。

 

どこかに痛みがあるわけでもないし、体の動きに不具合があるわけでもない、自分の状態をそのまま言うと
「なんか、ぅわーーってなる」
本当にもう、そうとしか言いようがないのです。

 

後からわかったことですが、僕はその時「お腹が痛い」と言ったそうです。
これは後から、この病院の別の科を受診した時にカルテに残っていたものです。
しかしその時、腹痛などはなく、そう訴えた記憶もありません。
なんとか苦しさを訴えたかったんだろうなと今では思っています。

 

その時は現状説明を色々と医師にした記憶があります。
「眠れなくて、昨晩、目が覚めたらものすごい恐怖で大量の汗をかいていて、胸が苦しい感じでなんだか体がおかしい」
とかそんな感じだったと思います。

 

医者からはわけがわからないという感じで対応されました。

そしてとりあえず、点滴でも打ってみますか?ということになり
「助かった」と思いながら点滴を打ち、その後実家へ帰りました。

2番目の病院

応急処置を行って少しだけ落ち着いたものの、体がおかしいのは変わらず、ちゃんと診てもらわないといけないと思い、心療科、心療内科など、違いはよくわかりませんでしたが、それ系の病院へ片っ端から電話しました。
しかし、どこも予約で一杯で、1~2週間待ちばかり。

その中に1つだけ3日後くらいに予約が取れる病院があったのでそこに予約を取りました。
これが近所の心療内科でした。

結局ここに1年半通いました。

=>自律神経失調症の克服に役立つ情報やアイテムはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ