自律神経とスマホ

自律神経失調症の原因は?」でも少し書きましたが、
パソコン、スマホの画面の見過ぎは体調が悪くなります。

自律神経に良くないのはわかっていますが、最近スマホにゲームを入れてやっています。
今までは警戒してやらなかったのですが、ちょっとしたきっかけがあって、やってみることにしました。
すると、気分が悪い、動悸、軽い目まい・・・。
やはり明らかに体の調子が悪くなるのですよね。

そして、スマホ、パソコンの「ブルーライトが原因かも・・」とも書いたのですが、
ハッキリとは今でもわかりません。
ただ、現状、ブルーライトをカットするカットするメガネをかけてやっていても、それほど差はありません。
やはり体調は悪くなるのです。
ブルーライトのカット率が低いのか、それともブルーライト自体はそれほど影響がないのか・・・。
視神経の疲労が関係しているのではないかというのは感じます。

なぜならスマホを今まで使っていたけど、よっぽど使わないとこういう状態にはならなかったのに、ゲームを入れて小さい文字を凝視する動作が増えてからは、てきめんに具合が悪くなることが増えました。
しかもちょっと見ていただけでも、かなり早い時間で不調になります。

スマホやパソコン、ゲームはやはり程々にした方がいいですね。

=>自律神経失調症の克服に役立つ情報やアイテムはこちら

 

2016/7/15追記

スマホを見てると気分が悪くなるという記事は検索するとたくさん出て来ます。

読んでいると、「下を向いてやるから首の血流などが悪くなって症状が出る」という意見が結構あります。

その可能性もありますが、私はちょっと違うと思っています。

何故なら、ベッドに寝転がって仰向けでスマホを見ていてもなるからです。

椅子に座って下を向いてやってるわけではありません。

なのでやはり、目から来て脳が反応しているのではないかと思っています。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ